電気屋の鉄道資料館

ヤフーブログの廃止に伴いこちらに移動してまいりました。 旧ブログ名は「電気屋の鉄道ブログ 新館」です。

年末年始に少しだけ運行しなかった秩父鉄道の「鉱石列車」いわゆるヲキ貨物ですが、新年は3日から運行再開しています。昨年31日に見た時には武州原谷貨物駅構内に機関車無しの3本のヲキ編成が留置されており、2本は待機線に1本が鉱石の積込線に入っていました。
いつものように武川駅まで機関車だけを回送しているのかと思いましたが、秩父駅での目撃情報があり短期間の運休なので「秩父留置」で運行再開待ちのようです。念の為新年2日に秩父駅構内をのぞいてみると、熊谷方から「赤」「青(標準色)」「桃」の順で500番台機が3両連結されて留置されていました。そして翌3日の早朝にそのままの編成で武州原谷貨物駅へと回送されて来ました。


まずは2日の秩父駅構内での様子から。

秩父駅三重単 1  リ
側線に3両連結状態でパンタを降ろして休んでいるデキ500型。

秩父駅三重単 2 リ
ホームから発車して来る上り各停7500系との並びです。



翌日、武州原谷貨物駅へやって来ました。

三重単ラヤへ 1 リ
本線からゆっくりとポイントを渡り、武州原谷貨物駅構内へと入って来ます。

三重単ラヤへ 2 リ
一旦ワイドにして背景に山並みを入れて撮影。

三重単ラヤへ 3 リ
接近した所でアップに、その後は詰所(駅舎)前まで進行して暫く停車。

6001F 開運号 2リ
10分ほどすると「開運号」のヘッドマークを付けた
上り急行がやって来ました。

三重単ラヤ 急行と リ
三重単と上り急行が並んだ瞬間。

三重単ラヤ 入換1 リ
その後ようやく入換が始まりました。

三重単ラヤ 入換2 リ
ここで折り返して行きます。

三重単ラヤ 入換3 リ
まずは貨車がいない一番奥に赤釜を置いて来ます。

三重単ラヤ 入換4 リ
一旦詰所方向へ動いて、1本手前の線路へのポイントを切換えてもらいます。

三重単ラヤ 入換5 リ
奥に赤と青を並べて戻って来た桃色、この後右側のヲキ編成に連結します。

三重単ラヤ 入換完了 リ
これにて入換完了、無事に3両の機関車が並んでほっとした様子の職員さんたちの脇を下り各停7500系が走り抜けて行きました。この時点で積込線では1編成の積載作業が終わっていて、いつでも入換作業ができる状態になっていました。





デキ108号機のさよなら列車があまりにも目立ってしまった為、あまり注目されなかった様子の6000系を使用した「光の長瀞ミステリートレイン」。実は12日と19日に同じ行程で運転されています、実際には12日の列車はダイヤに乱れが発生して予定より10分から15分遅れて武州原谷貨物駅へやって来ました。本来ならばここで上り急行と交換することになっていた(19日の運転状態からそう思う)ようですが、上りの急行と下りの各停が何事も無いように本線を通過してからやって来ました。


まずは「デキ108号機さよなら列車」撮影の合間に撮れた送込みや秩父駅への往復から。


12日送込み 1 リ
コロナの影響で減便になっている昼間の上り急行のスジでやって来た「送込み」。
(いつも和銅黒谷駅でパレオとすれ違っていた急行のスジです)

12日 秩父へ1 リ
上りのさよなら列車が通って間もなくやって来た秩父駅まで往復する列車。

12日 秩父へ2 リ
大野原駅で停車中。

12日 秩父へ3 リ
ここで上りの5000系と交換でした。

12日 長瀞へ 1 リ
少しして秩父駅から戻って来た同列車。

12日 長瀞へ 2 リ
後方に大野原駅の構内を入れてみました。


その後、武州原谷貨物駅へ移動しました。

12日 ラヤ 黄色釜と リ
なかなかやって来なかった、でも貨物列車との交換は有ったので良かったです。通常は入線しない駅へ入る、と言っても本線の隣に入って来ただけで何もイベントは無しでした。

12日 ラヤでヲキフと リ
ヲキ貨物との並びです。

12日 ラヤでDLと リ
ここが一応「武州原谷貨物駅」駅舎前、赤いDL<D304>との並びが見られました。いっそのことDLで牽引して構内奥まで走ってくれたならば・・・ と思うのは私だけか?


19日はここで上り急行2本の並び(どちらも尾灯点灯)が撮影出来ました。そしてこの日のヲキ牽引機は黄色釜でしたが、19日は赤釜でした。そして構内用のDLは19日には青い<DD512>が使用されていました。



明戸駅の手前と樋口駅~野上駅間で撮影後は「密」を避けて地元の「大野原駅」周辺で撮影しました、下りの撮影は踏切からだったのですがさすがにここはマイナーポイントで誰も来ませんでした。

更に「ミステリートレイン」の送込みや秩父駅への往復などを撮影し、秩父駅で折り返して戻って来る姿を撮影しました。実はその後に武州原谷貨物駅で少しばかり撮影もしたのですが、そちらはまた後程と言う事で。


まずは大野原駅を通過して来た下り列車からです。

大野原 1 リ
大野原駅を出てしばらくは複線区間(20両のヲキがすれ違えるようになっている為)でポイントがいくつかあります、何とか後方に客車のお尻が残っている状態で撮影出来ました。

大野原 2 リ
客車が逆に曲がって本線へ出るポイントを渡ります。

大野原 3 リ
目の前に迫って来ました、後方には「美の山」山頂の展望台等が写っていますね。


そして折り返して秩父駅から戻って来た列車を撮影です。

大野原返し 1 リ
大野原駅を通過して来ます。ここでは列車の後方に太陽がある状態なのですが、何とかうまく撮影出来ました。少し後方の「猫八踏切」には数名の撮影者が横並びになっていました。

大野原返し 2 リ
本線へと出て来ます、列車の右側にはかつて「秩父セメント第二工場」までつながっていた石灰石運搬の専用線跡のレールが残っています。昔は日に何本か10両編成のヲキ貨物列車がデキ101やデキ1型の推進運転で高架線へと入って行ったものです。

大野原返し 3 リ
目の前にデキ108号機が来た所で最後の1枚を撮影。

サボ 1 リ
サボと言うか「行き先表示」の部分、きれいにシールで貼ってありました。この列車は「快速」列車だったんですね。




先日貨物輸送運用を終了したデキ108号機ですが、予告通り12系客車を牽いてのさよなら運行が行われました。沿線は早朝から大勢の撮影者が訪れており、有名撮影地にはどこも「ひな壇」ができる騒ぎとなりましたが私は地元の有利さでゆっくり出かけて、なるべく人の集まらなそうな場所を選んで何か所かで撮影しました。




今日は下り列車の明戸駅手前と、樋口駅~野上駅間の分を載せます。

明戸 1 リ
白いガードレールが少し気になる場所ですが、ここには私の他に4名しかいませんでした。画面の右側(列車の右後方)には20人ほどの撮影者が並んで撮影していました。

明戸 2 リ
接近した所で少しワイドに撮影、私は90㎝の脚立に乗っているのでガードレールも上手くクリアできました。

明戸 3 リ
通過時に後追いして気づいたのですが、108号機のデッキには最初から両側にHMが付けられていたのですね。この位置からだと良く見えました。


途中で波久礼駅手前の直線国道脇の家屋(工場)裏に20人以上、国道クロス手前の直線部分に大きな「ひな壇」周辺部も含めて50人近く、更に樋口駅を過ぎてからのアンテナポイントには線路向こうにこれまた50人くらいの「ひな壇」、ほかにも数か所に20人程度の塊を見かけました。

しかし私はここで撮影、周りには3人しかいません。
樋口 1 リ
木陰から姿を現して客車が2両ほど見えた所で紅葉背景に、ここは光線状態が良いですね。

樋口 2 リ
少しワイドにもう1枚。

樋口 3 リ
最後は機関車をメインで撮影、HMもきれいに撮りたいので。


そして参考までに、今日の「サボ」です。

サボ 2 リ
区間表示はシールだったようです。サボ内の「秩父路」の書体は昔の急行3000系(旧国鉄165系)の物を使っていますね。


次回は下り、上り共に私の地元の大野原駅付近で撮影したものを載せます。

いつもの事ですが、横瀬駅からの車両返却回送の為に<電車機関車>とも呼ばれる263Fが送り込まれて来ました。今回は横瀬駅構内を見渡せる高台から撮影してみました、列車到着後は急いで移動し構内での作業などを撮影してみました。


まずは到着する様子からです。

到着 1 リ
9103編成から外された中間車が見える位置で、本線を下って行く263F先頭車を撮影。

到着 2 リ
勾配を下って横瀬駅構内へと入って行きます。

到着 3 リ
この位置で右側には以前から保管されている「いずっぱこ」色の先頭車も見えます。

到着 4 リ
ワイドに撮影して、周辺の山の紅葉なども広く入れてみました。



ここからは駅横の道路からの撮影です。

並び 4000系と リ
西武秩父駅行きの4000系とも並びました。

並び ラビューと リ
その直後には池袋行きのラビューとの顔合わせも。



そして無架線区域をスイッチャー「D16」牽引で移動して行きます。

連結準備 1 リ
「D16」が接近し、263Fには旧型の連結器が取り付けられます。

連結準備 2 リ
準備が出来て連結へ。

移動 1 リ
解体線方向に向かって移動し始めました。

移動 2 リ
「いずっぱこ」先頭車と頭が並び、奥にある「京急」中間車の前に停められるようです。ここだけ見ると「一体どこの鉄道会社にいるのか?」と思うような眺めですね。




↑このページのトップヘ