当初は4編成製造と発表されていた70090系でしたが、どうやら6編成となったようですね。
今回は廃線までの期間も残り少なくなった三ヶ尻貨物線の熊谷貨物ターミナル~三ヶ尻貨物駅間で撮影しました。


あちこち考えたのですが、撮影者が集中しないと思われる位置でひっそりと(他人との接触なく)済ませました。ただこの場所は記録しておきたかった場所ではあります、以前と違い配水管らしきものが築堤下部に設置されてしまい少しばかり目障りですが設置直後より目立たなくなったので良しとしましょう。


三ヶ尻線 1
踏切を越えて築堤へ入って来ます、今回の先頭はデキ102号機ですね。踏切の向こうにも良い築堤があるのですが、おそらくそこは撮影者が密集していると思われたので避けました。

三ヶ尻線 2
築堤に70090系の編成が入って来た所でもう1枚、以前は配水管がかなり光っていたのですが月日が経ってくすんで来たのかあまり目立たなくなりましたね。

三ヶ尻線 3
更にワイドで後部のピンク釜が見えた所でメインの1枚を撮影。

三ヶ尻線 4
目の前を通り過ぎて、セメント工場脇にある三ヶ尻貨物駅へと向かいます。

三ヶ尻線 5
最後はセメント工場の設備と、編成後部のピンク釜を入れて撮影。ピンク釜はこの先武川駅からスイッチバックして羽生駅までの秩父鉄道線内での牽引を担当します。